雪柳 光 の 王冠

雪柳 光 の 王冠

雪柳 光 の 王冠



『雪柳 光の王冠』より 池田 大作 「光」が噴き上がっていた。「命」が噴き上がっていた。「咲きほとばしる」と言うべきか、抑えても抑えても、抑えきれない…

 · ※雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。白という光の中に、春と冬が溶け込んでいた。まるで、希望と苦悩が渾然一体 ...

「光」が噴き上がっていた。 「命」が噴き上がっていた。 「咲きほとばしる」と言うべきか、抑えても抑えても、抑えきれない春のエネルギーが、 真っ白な「光の噴水」となって、勢いよく湧き出していた。 雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。

雪柳 光の王冠 池田名誉会長の写真紀行 光は詩う第18回 「光」が噴き上がっていた。「命」が噴き上がっていた。「咲きほとばしる」と言うべきか、抑えても抑えても…

“「光」が噴き上がっていた。「命」が噴き上がっていた。「咲きほとばしる」と言うべきか、抑えても抑えても、抑えきれない春のエネルギーが、真っ白な「光の噴水」となって、勢いよく湧き出していた。雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。

池田 大作 (『雪柳 光の王冠』より) 人と比べたり、自分のことが見えなくなったり、時には顔さえもあげられないこともあるけれど、この詩を読んでいつも励まされてきました。 自分は自分でいいんだ。って教えてもらいました。

ご活用ください

「光」が噴き上がっていた。「命」が噴き上がっていた。「咲きほとばしる」と言うべきか、抑えても抑えても、抑えきれない春のエネルギーが、真っ白な「光の噴水」となって、勢いよく湧き出していた。雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。

「光」が噴き上がっていた。 「命」が噴き上がっていた。 「咲ほどばしる」というべきか、抑えても抑えても、抑えきれない春のエネルギーが、真っ白な「光の噴水」をなって、勢いよく湧き出していた。 雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。

光の詩 | 〜書に光を〜YOUGETSU ... -

雪柳 光 の 王冠 ⭐ LINK ✅ 雪柳 光 の 王冠

Read more about 雪柳 光 の 王冠.

kak-legko.ru
avtomoy3.ru


Comments:
Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
When I can't handle events, I let them handle themselves.
Calendar
MoTuWeThFrStSu